前へ
次へ

スキンケア用品のそれぞれの役割

スキンケアに使用するアイテムには、美容液を始めとして様々な種類のものがあります。
そしてそれぞれが異なる働きをすることで、総合的なスキンケアを行ないます。
肌にとって一番の大敵と言えるのが乾燥で、基本としては水分を与えてあげなければなりません。
その役割を担うのが化粧水で、ただの水とは異なり肌に優しい成分が含まれていたり、浸透しやすい工夫が施されています。
そして化粧水だけではもの足りない時に、美容液を使用します。
ビタミンや抗炎症成分などが含まれていて、肌が本来持つ正常な状態に近づける働きを助けます。
あくまでもサポートなのでなくても問題はありませんが、あった方が良いアイテムです。
化粧水で与えられた水分はそのままでは簡単に蒸発してしまうため、油分の膜によってしっかりと潤いを保持するのが乳液やクリームの役割です。
水分を与えて逃がさないというシンプルな目的ですが、しっかりと実現するのは難しいため、自分に合った製品を選ぶことが大切です。

Page Top