前へ
次へ

肌への刺激を減らすスキンケア

肌を健康な状態に保つスキンケアは大切ですが、やり方を間違えると逆に不健康にしてしまいます。
スキンケアを行なう際にはまず必ず洗顔をして、汚れや皮脂を落としますが、決してやりすぎてはいけません。
邪魔に思える皮脂は適度な量だとバリアの役割を果たすため、落とし過ぎると肌にダメージが通りやすくなってしまいます。
もし皮脂が過剰に落とされると、肌の防衛機能が働いて量が増える怖れがあり、ニキビやテカリの原因になりかねません。
また強い力でこすったり、熱すぎるお湯で洗い流すなどで刺激が強すぎると、洗顔そのものが肌にとってダメージとなります。
なので適当なところでストップすることが大切です。
そして同様に、肌に必要のない刺激は与えないように注意しなければなりません。
物理的なものとしては叩いて浸透させるタイプの化粧水で力が強すぎたり、スクラブ成分が含まれた洗顔料などが挙げられます。
そして見えない紫外線刺激も大敵なので、しっかりと保護する必要があります。

Page Top